So-net無料ブログ作成
検索選択

路上で女性切られ重傷=殺人未遂で捜査―長野県警(時事通信)

 14日午後3時40分ごろ、長野県伊那市山寺の路上で、「女性が倒れている」と通行人の男性から119番があった。女性は頭や肩、腕など数カ所を切られ重傷だが、命に別条はないという。県警捜査1課と伊那署は、殺人未遂事件とみて調べている。
 同課によると、女性は同市内の会社員(51)で、勤務先から帰宅する途中だった。刃物のようなもので切り付けられたとみられるが、凶器は見つかっていない。 

【関連ニュース
胸や首、十数カ所刺す=高3女子重傷で捜査本部
女子高生刺され重傷=「知らない男に」
居酒屋店主殺される=首に傷、服に焦げた跡
千葉県の男に逮捕状=横浜弁護士殺害の疑い
生徒の母、府立校で刃物=教頭軽傷、現行犯逮捕

SFCGを本格捜査へ=破綻直前資産隠しか―民事再生法違反の疑い・警視庁(時事通信)
所信表明日程を協議=与野党国対委員長(時事通信)
荒井氏は問題ない=事務所費問題で首相(時事通信)
米軍ゴルフボール飛び出し、防衛相に対策要請(読売新聞)
14公共事業を中止・休止=09年度政策評価―総務省まとめ(時事通信)

<暴力的性犯罪>出所者43人が再犯 200人の所在未確認(毎日新聞)

 子どもを対象にした暴力的性犯罪に絡み、過去5年間に出所した740人のうち43人が同様の犯罪で再び検挙されていたことが3日、警察庁のまとめでわかった。子ども対象の暴力的性犯罪の出所者は帰住予定地などの情報が法務省から警察庁に提供されるが、所在が確認できていない出所者が200人に上ることも判明した。

 13歳未満の子どもを対象にした強姦(ごうかん)や強制わいせつ、わいせつ目的略取・誘拐など暴力的性犯罪に絡む出所者については、帰住予定地などの情報が法務省から警察庁に提供される。この制度の運用が始まった05年6月から今年5月までの5年間の状況をまとめた。

 それによると、情報提供のあった出所者は740人で、うち167人が何らかの犯罪で再び検挙されていた。このうち43人は、13歳未満を対象にした暴力的性犯罪での検挙だった。また、5月末の時点で200人の所在が確認できていない。うち都道府県警で確認作業を続けているのは145人で、残る55人は確認の見通しの立たない「不明者」だという。

 刑期の満了前に釈放される「仮出所」の場合、出所者は保護観察に付されるため、帰住予定地が把握される。一方、刑期を満了した出所者は帰住先が決まっていないことが多く、所在をつかみにくいのが実態だ。仮出所でも、保護観察中に住所地からいなくなるケースが少なくないという。居住の確認は、出所者の社会復帰を妨げないことに配慮して本人と接触せず、外から様子を見るなどの手段にとどめている。警察庁は「再犯防止には所在確認が欠かせないが、十分な把握には困難が伴うのが実情だ」としている。【鮎川耕史】

菅新首相が初会見、「人事すべては全くの白紙」(読売新聞)
<ポルシェパレード2010>全国から愛好家が集まり「聖地」を走行(毎日新聞)
鳩山政権「空白の8カ月」…深刻な機能不全の象徴(産経新聞)
市街地にカモシカ、大捕りもので騒然…逃走(読売新聞)
薬局経営者殺害、男に無期懲役=求刑は死刑―別の強盗殺人で服役中逮捕・大阪地裁(時事通信)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。