So-net無料ブログ作成
検索選択

地元への説明は政府案決定後=普天間移設で官房長官(時事通信)

 平野博文官房長官は27日午後の記者会見で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設に関し「日本政府の安全保障という概念なので、政府としての意思決定の下、当該の国民、住民に説明をし、理解をいただく努力はやらないといけない」と述べ、移設先を決めた上で地元自治体や住民の同意を求めていく考えを明らかにした。
 鳩山由紀夫首相は移設先決定の前提として「地元の了解」を挙げていたが、移設先の了解が得られないままの政府案決定もやむを得ないとの考えを示したものだ。 

【関連ニュース
【特集】沖縄と米国海兵隊〜ペリーと黒船でやって来た海兵隊〜
【特集】迷走!普天間移設〜5月中の決着は?〜
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能〜みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜

<訃報>中根良平さん88歳=仁科記念財団常務理事(毎日新聞)
喫茶店に銃「飾るよう勧めた」譲渡の社長も逮捕(読売新聞)
病院で息子が母親と無理心中図る? 親子が死傷 福生(産経新聞)
「最初の診療」質向上へ本腰 学ぶ医師増やせ 認定制度を充実 学術団体と日医 (産経新聞)
火山噴火 外国人客の離日始まる 成田空港(毎日新聞)

明石署元副署長を聴取 録音・録画は見送り 指定弁護士(産経新聞)

 元兵庫県警明石署副署長の業務上過失致死傷罪での強制起訴が決まった同県明石市の花火大会事故で、検察官役の指定弁護士は15日、榊和晄(かずあき)元副署長(63)を取り調べた。指定弁護士の要請を受け、榊元副署長が同日、神戸地検に出頭した。

 改正検察審査会法に基づき検察官役に指定された弁護士が、補充捜査で取り調べをするのは初めて。

 事故で次男を亡くした下村誠治さん(51)は同日午後、地検前で報道陣に対し「(元副署長には)真実を話していただきたい」と述べた。

 指定弁護士は取り調べの全過程を録音・録画(可視化)するとして、神戸地検に撮影機材のある取調室の貸与を申し入れ、地検は応じる意向を示していた。だが、指定弁護士によると、元副署長の希望で可視化は実現しなかった。

 地検は元副署長を不起訴にしたが、神戸第2検察審査会が1月、改正法施行後初めて強制起訴を決めた。指定弁護士3人が起訴に向け、準備を進めている。

 事故は平成13年7月、明石市主催の花火大会で多数が転倒し11人が死亡した。

【関連記事】
明石歩道橋事故 検察審査会初の判断、検察起訴に大きな一石
明石歩道橋事故 指定弁護士が「検察官役」、公判で有罪立証へ
「なぜこれだけ時間かかったのか」明石歩道橋事故の遺族
明石歩道橋事故21日で丸8年 真相究明へ遺族は当時の警察署幹部の起訴を期待
不況直撃、寂しい夏…花火大会中止、縮小
外国人地方参政権問題に一石

【Web】プラスネットで新ラジオ(産経新聞)
<普天間問題>鳩山首相「5月末までに五月晴れ」(毎日新聞)
アライグマ爪跡、二条城・平等院…世界遺産台無し(読売新聞)
「首相は外交下手」=徳之島反対集会で社民・阿部氏−普天間(時事通信)
古川祭の「起し太鼓」=岐阜県飛騨市〔地域〕(時事通信)

<間寛平さん>アースマラソン一時中断 米で治療(毎日新聞)

 マラソンとヨットでの世界一周「アースマラソン」に挑戦中、前立腺がんが見つかったタレントの間寛平さん(60)が、現在通過中のトルクメニスタンでマラソンを一時中断し、アメリカで放射線治療を受けることになった。アースマラソン制作委員会が、15日発表した。

 間さんは一昨年12月大阪を出発、今年1月にトルコでがんと判明した。その後も薬を飲みながら走り続け、今月14日にイランからトルクメニスタンに入った。

 間さんは「完走するために決めました。早く、走る姿をみんなに見てもらえるよう頑張ります」とのコメントを発表した。【長沢晴美】

【関連ニュース
間寛平さん:イラン映画に主演 世界一周中に
間寛平:「完走するために決めました」アースマラソンを一時中断 前立腺がんの放射線治療で
沖縄国際映画祭:「ラン アンド ラン」ビーチで上映 間寛平さん、中継で登場
間寛平:イランのTVでもアヘアヘしまくり
間寛平:アースマラソン 北米大陸横断に成功 NYで「めちゃめちゃうれしい」

内閣支持率3割切る フジテレビ世論調査(産経新聞)
<野口聡一さん>誕生日にあめ 山崎さんが職人に依頼(毎日新聞)
首相秘書官が米国務副長官と会談へ 普天間移設問題(産経新聞)
新党たちあがれ日本「期待しない」76%(読売新聞)
<1Q84>発売開始 ファン次々と(毎日新聞)

「検事が調書作文し、署名要求」=村木元局長が被告人質問で−大阪地裁(時事通信)

 障害者割引郵便悪用事件で、偽の証明書を発行したとして、虚偽有印公文書作成罪などに問われた厚生労働省元局長村木厚子被告(54)=休職中=の公判が15日、大阪地裁であった。同被告は被告人質問で、逮捕後の取り調べ中に担当検事が勝手に作った供述調書に署名を求められ、拒否したことを明らかにした。 

<脳卒中>速足女性はリスク減 毎分80メートルで発症低く(毎日新聞)
超小型衛星 11年8月打ち上げ 星の位置など観測(毎日新聞)
ガムのシミNO! 豊島で運始(産経新聞)
1歳男児が変死=母が119番−大阪(時事通信)
「沖縄」密約開示命令、西山さん「超完全勝利」(読売新聞)

一部無罪判決に検察側控訴=常磐道引きずり死−水戸地検(時事通信)

 常磐自動車道で走行車線に大型トラックを停車中追突され、後部にめり込んだ車両を引きずったまま走行して追突車の運転手を死亡させたとして、自動車運転過失致死と道交法違反(救護義務違反など)の罪に問われた元トラック運転手高橋重義被告(60)について、水戸地検は8日、道交法違反罪を無罪とし禁固2年、執行猶予3年とした水戸地裁判決を不服として控訴した。
 水戸地検の新倉英樹次席検事は控訴理由について「事実誤認があり、懲役3年6月の求刑に対して量刑が著しく軽く承服しがたい」としている。 

【関連ニュース
引きずり20キロ、元運転手に一部無罪=走行車線で停車、追突受け発進
被害者参加人、被告殴る=死亡事故、無罪主張に
事故処理中の警官ら5人重軽傷=パトカーや救急車も被害
パトカーとトラックが炎上=トンネル内で追突、警官2人重軽傷
東北道で27台絡む多重事故=吹雪影響か、5人軽傷

<今どきの更年期>男性にも、めまい・うつ(毎日新聞)
<訃報>はやし家林蔵さん67歳=落語家(毎日新聞)
衆院議員擁立「大いに疑問」=参院京都の候補者選定で−前原国交相(時事通信)
サル ボスに君臨11年4カ月、「ゾロ」は温厚、仲間思い(毎日新聞)
石原都知事来たけど若手来ない…与謝野・平沼新党(スポーツ報知)

国会参観者に飛び入り=鳩山首相(時事通信)

 鳩山由紀夫首相は29日午後、執務の合間を縫って国会を訪れ、参観中の筒井信隆民主党衆院議員の支援者を前にあいさつした。筒井氏の要望に応じたもので、首相の飛び入り参加に参観者は大喜び。首相は「いろいろ苦難な道もあるし、皆さんにご迷惑を掛けることも申し訳なく思う」と述べていたが、参観者との写真撮影や握手には気軽に応じ、10分後には首相官邸に戻った。 

【関連ニュース
【特集】話題騒然 ファーストレディー
〔写真特集〕美しすぎる市議 藤川ゆり
「私が居なければ罪犯さなかった」=元秘書の求刑受け首相
政府案、月内決定こだわらず=普天間移設先は来月以降絞り込み
偽装献金「さらに説明」=鳩山首相

立川支部検事を懲戒処分=事件被害女性と交遊−東京地検(時事通信)
地域通貨「龍馬小判」でまちおこし=静岡県下田市〔地域〕(時事通信)
<事業仕分け>新人議員の参加、小沢幹事長認める(毎日新聞)
訃報 堀之内久男さん85歳=元自民衆院議員、元郵政相(毎日新聞)
大阪市公金の返還求める、市公正職務審査委が勧告(産経新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。