So-net無料ブログ作成
検索選択
-| 2010年01月 |2010年02月 ブログトップ
前の10件 | -

失業率5.1%、0.1ポイント改善=求人倍率は4カ月連続改善−12月(時事通信)

 総務省が29日発表した労働力調査によると、2009年12月の完全失業率(季節調整値)は5.1%と前月に比べ0.1ポイント改善した。改善は2カ月ぶり。
 一方、厚生労働省が発表した12月の有効求人倍率(同)は、前月比0.01ポイント上昇の0.46倍と4カ月連続で改善した。
 完全失業者数は前年同月比47万人増の317万人、就業者数は108万人減の6223万人だった。
 有効求人倍率はハローワークの求職者1人に何件の求人があるかを示す。このうち、正社員の求人倍率は0.28倍と前月から0.01ポイント改善した。
 また、雇用の先行きを示す新規求人倍率は0.87倍で、前月より0.07ポイントも大幅改善した。厚労省は求人倍率に関して「底を打った感じだが、景気の自律回復性は乏しく、先行き不透明感は残る」としている。 

【関連ニュース
昨年の自殺者、5番目の多さ=504人増の3万2753人-9月以降は4カ月連続減
「公設派遣村」終わる=入所者264人が退所
長妻厚労相、職業訓練改善で利用者と懇談=広報拡充などの要望相次ぐ
円、91円台前半=豪失業率の低下が売り圧力
現実即応の制度に改善を=鳩山首相、失業者入居施設を視察

09年度2次補正、28日成立へ(時事通信)
ネットワーク構築、粘菌に学べ=効率、首都圏の鉄道網並み−北大など(時事通信)
<列車事故>特急とトラック衝突 乗客ら24人けが 北海道(毎日新聞)
雑記帳 高橋大輔選手に猫駅長「たま」のお守り(毎日新聞)
海賊対処部隊を激励=護衛100回達成で−北沢防衛相(時事通信)

2氏が届け出=津市長選(時事通信)

 任期満了に伴う津市長選は24日告示され、共産党公認の新人で元市議の岡野恵美氏(57)と、無所属の現職で再選を目指す松田直久氏(55)の2氏が立候補を届け出た。投開票日は31日。
 岡野氏は、市長の月給とボーナスを半額、退職金を全額カットすることなどを公約に掲げている。4年前の10市町村による合併を受けて行われた市長選で初当選した松田氏は、職員数の削減をはじめとする行政改革や救急医療体制の整備など1期目の実績を訴える。 

【関連ニュース
名護市長選、投票進む=普天間移設に影響
名護市長選、24日投開票=普天間争点に最後の訴え
名護市長選結果「尊重する」=北沢防衛相
名護市長選、住民意思を注視=普天間移設問題で
名護市長選、24日投開票=期日前、前回の1.5倍

芸術劇場リンク先 改竄ウイルス感染(産経新聞)
大阪・堺で2人組タクシー強盗(産経新聞)
<元看護師殺人未遂>時効前、遺留品から60歳前後の男浮上(毎日新聞)
<JR阪和線>踏切の遮断棒折れ、5万人に影響(毎日新聞)
首相、29日に施政方針演説=3党国対委員長が合意(時事通信)

<ポリグラフ検査>「誓約するのは抑止力になる」北沢防衛相(毎日新聞)

 防衛省が秘密を含む情報に接する隊員を対象に、任意の内部調査の段階でもポリグラフ(うそ発見器)検査に協力するという趣旨の誓約書を書かせていることについて、北沢俊美防衛相は22日の閣議後会見で「前政権の時に決めた話」と述べたうえで「極めて秘匿性の高い任務を遂行しているので、心構えとしてあらかじめ誓約しておくのは(情報漏えいの)抑止力になる」との見解を示した。

 07年に起きたイージス艦情報流出など情報漏えいが相次いだため同省は09年度、内局や情報本部などの隊員に誓約書の提出を求めたが、一部の隊員から「初めから犯人扱いはおかしい」と反発する声が上がっている。【樋岡徹也】

【関連ニュース
サイバー攻撃:対処担う「企画調整官」新設…防衛相が意向
安保改定50周年:日米の外務・防衛担当閣僚が共同声明
ハイチ大地震:自衛隊派遣準備を指示 防衛相
海上自衛隊:インド洋での給油活動が終了
普天間移設:辺野古は困難…防衛相「越年で覚悟」

弁護側「極めて不誠実だ!」 検察側も「異議あり」を連発(産経新聞)
<災害復興学会>防災研究者らが避難生活ガイド(毎日新聞)
「THIS IS IT」初回200万枚 渋谷で記念イベント(産経新聞)
ビル陰対策が課題=地デジ完全移行まで1年半(時事通信)
福島党首の4選決定=社民大会が開幕(時事通信)

大阪市で火災相次ぐ 女性3人軽傷(産経新聞)

 大阪市で24日未明から早朝にかけて住宅火災が2件相次いだ。午前6時ごろ、中央区日本橋の木造4階建て民家から出火、延べ約240平方メートルのうち約190平方メートルを焼き、隣接する住宅にもひろがり、3棟計約90平方メートルを焼いた。南署によると、49〜81歳の女性3人が軽いやけどなどを負った。火元とみられる民家の男性(81)が「電気ストーブの近くにつるしていた衣類に火が移った」と話しているという。

 また、午前3時ごろにも旭区中宮の木造2階建て共同住宅から出火、約280平方メートルを全焼するなど、計4棟延べ約700平方メートルを焼いた。旭署によると、けが人はなかった。

【関連記事】
STOP!モンスター110番 1月10日は「110番の日」
横浜市瀬谷区の民家全焼2人遺体みつかる 母と娘か
東大阪で16室アパート全焼、69歳男性?死亡
ストーカー殺人現場から出火か 東京・新橋で13棟焼ける 
よみがえるテロの恐怖

<自民党>新綱領原案まとまる 新憲法制定など掲げ(毎日新聞)
ネット商取引で業者を提訴(産経新聞)
塩野義のインフル治療薬を22日に緊急収載(医療介護CBニュース)
清水女流名人、歩切れで粘れず…女流名人位戦第1局(スポーツ報知)
壬生狂言 絹ちりめん製の大幕を公開(産経新聞)

<小沢氏>聴取23日に 「4時間程度」地検が伝達(毎日新聞)

 小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入を巡る事件で、東京地検特捜部による小沢氏への任意の事情聴取は23日に行われる見通しとなった。小沢氏側が同日を希望すると伝え、検察側は小沢氏側の都合を最優先するとの意向を示したとみられる。特捜部は「事情聴取には4時間程度必要」と小沢氏側に伝えた模様だ。

 また、特捜部は、小沢氏の妻への事情聴取も打診している。小沢氏側が、問題となっている土地購入の原資について「亡父の相続遺産を元に、その後積み立てるなどして小沢氏や妻名義で信託銀行に預けていたものを約10年前に引き出し自宅に保管していた」などと説明しているため、妻からの聴取も必要と判断したとみられる。これに対し小沢氏側は、小沢氏本人がまとめて説明する意向だという。

 事件では陸山会が04年10月に小沢氏の手持ち資金4億円で東京都世田谷区の土地(代金約3億5200万円)を購入しながら、同年の収支報告書に記載しなかったなどとして、当時の事務担当者で小沢氏の私設秘書だった同党衆院議員、石川知裕容疑者(36)ら3人が政治資金規正法違反(虚偽記載)容疑で逮捕されている。この前後に陸山会の複数の銀行口座で複雑な資金移動が行われ、中堅ゼネコン「水谷建設」元幹部らが、同時期に受注した胆沢(いさわ)ダム下請け工事の謝礼として石川議員に5000万円を渡したと供述している。

 特捜部は、小沢氏に虚偽記載についての認識のほか、4億円に水谷建設からの資金が含まれていた疑いもあるとみて説明を求めるとみられる。

 特捜部は5日に小沢氏に聴取を要請したが12日までに具体的な返答がなく、13日に関係先の家宅捜索に踏み切り、15〜16日に石川議員ら3人を逮捕した。小沢氏は16日の党大会で検察と全面的に対決する姿勢を示したが、その後、各種世論調査で内閣支持率が急落。18日には捜査に協力する意向を示していた。

【関連ニュース
<写真で見る>小沢氏側近の石川議員逮捕 政界に激震
小沢幹事長:聴取応諾回答で、地検と日程調整へ
土地購入事件:小沢氏、今週末にも聴取 地検に応諾伝える
陸山会土地購入:引き出しは3億円 石川議員供述と差
陸山会土地購入:地検捜査巡りシンポ

同盟深化、年内に結論=日米安保「不可欠」−改定50年で首相が談話(時事通信)
【新・関西笑談】探せ未来の虎戦士(4)阪神スカウト 田中秀太さん(産経新聞)
殺人否認の被告、3月に公判=裁判員裁判で初−静岡地裁(時事通信)
<新任判事補>99人に辞令交付(毎日新聞)
男児の裸写真をネット公開、容疑の男逮捕 警視庁(産経新聞)

台湾からの鳥肉輸入停止=農水省(時事通信)

 農林水産省は22日、台湾からの鳥肉類輸入を停止したと発表した。同日、台湾農業委員会から鶏で弱毒性の鳥インフルエンザ(H5N2亜型)が発生したとの報告があったため。
 農水省によると、日本が台湾から輸入している鳥肉類は2008年度で4348トンで、輸入全体の約0.6%にとどまる。カモとアヒルの肉に限ると、台湾からの輸入シェアは約8割を占めるが、冷凍在庫があるほか他国からの代替輸入も可能なため、大きな影響はない見込みという。 

【関連ニュース
インフル新薬、強毒ウイルスにも効果=タミフル耐性株でも
韓国からの鶏肉輸入を停止=農水省
宮内庁鴨場で鳥インフルの疑い=高病原性の可能性も
〔地球の風景〕鳥インフル対策は砂上の楼閣?

海自艦に撤収命令、インド洋給油活動終結へ(読売新聞)
くまキャラ 心に癒やし グッズ売り上げ好調…寂しい世相反映?(産経新聞)
八ッ場ダム予定地、湯かけ祭りに沸く…群馬(読売新聞)
<峰崎副財務相>参院選不出馬、今期限りで引退(毎日新聞)
二の腕、ふくらはぎつまむ 神奈川県職員を停職1カ月(産経新聞)

国勢調査、都内ではネットによる回答も可に(読売新聞)

 総務省は20日、今年の国勢調査の実施方法について、調査員が直接行う調査票回収に加え、東京都インターネットによる回答を実施する方針を固めた。

 郵送による調査票提出も全国で導入する。低下傾向が続く調査票回収率の向上が目的で、20日、関係政省令の改正案を公表した。

 見直しには、調査項目から「家計の収入の種類」を削除するほか、調査員の身元をより分かりやすくするため、調査員証に顔写真を張り付けることも盛り込んだ。

 5年ごとの国勢調査をめぐっては、若者の単身世帯の増加や「オートロックマンション」の普及、プライバシー意識の高まりなどで回収率の低下傾向が続いている。特に東京都では、05年調査時の調査票未提出世帯の割合が13・3%と全国平均(4・4%)を大きく上回っており、ネット回答の導入効果が見込めると判断した。

 今回の国勢調査は10月1日が期日で、9月下旬から調査員が各世帯を訪ねて調査票を配布し、10月24日まで行われる。11年1月に速報値が公表される予定だ。

小沢幹事長、首相公邸に入る 進退問題を協議か(産経新聞)
ケータイ小説大賞 中学校で表彰式と受賞記念イベント(毎日新聞)
首相「闘ってください」 小沢氏に続投“お願い”?(産経新聞)
寒さに負けず真剣勝負! ワカサギの氷上穴釣り解禁(産経新聞)
ゆるキャラ 香港で関西PR 大阪で結団式(毎日新聞)

石川議員逮捕 小沢氏進退波及も…鳩山政権またもダメージ(毎日新聞)

 民主党政権発足後初の党所属国会議員の逮捕で、鳩山由紀夫首相は18日の通常国会開会を目前に控え、政権発足後最大の危機に直面することとなった。石川知裕衆院議員(36)=北海道11区=は、予算編成などで政権運営の実権を握る小沢一郎幹事長の元秘書で、しかも小沢氏自身の資金管理団体を巡る逮捕とあって、小沢氏が幹事長職の進退について判断を迫られる事態も予想される。

 鳩山首相は15日夜、石川議員の逮捕について「大変驚いている。捜査の状況が分からないので、事態の推移を見守りたい」とのコメントを出した。報道各社の求めに応じ、秘書官を通じて発表した。

 鳩山政権の実権を握る小沢氏に対し、政府・民主党は批判を控えて「沈黙」を守り、首相は幹事長続投を支持してきた。それでも今夏に参院選を控えて内閣支持率の下落傾向が続くなか「説明責任を果たすことが大事だ」(前原誠司国土交通相)と説明を求める声が上がり、批判的な空気も広がりつつあった。石川議員の逮捕はそんな党内事情を直撃した。

 党内から小沢氏の幹事長辞任を求める声が高まるのは必至だが、検察との「全面対決路線」を貫いてきた小沢氏が辞任にすんなり応じる見通しはない。16日に開かれる民主党大会で、小沢氏がどう説明するか注目される。

 鳩山首相自身の偽装献金問題に対し、世論の風当たりが再び強まる可能性も強い。首相は15日朝には公邸前で記者団に「この問題も私自身の問題も(昨年8月の衆院)総選挙の前から出ていた。にもかかわらず民主党を国民の多くに選んでいただいた」と語っていたが、夕方には「選挙ですべてみそぎが終わったと胸を張るつもりはない。反省すべきところは反省しなければならない」と軌道修正した。

 鳩山政権は「政府は鳩山首相、党務は小沢幹事長」の役割分担で運営されてきた。石川議員逮捕で小沢氏の立場が弱まれば、政権運営の不安定化は避けられない。【上野央絵】

【関連ニュース
鳩山首相:「問題あっても国民が選んだ」
陸山会土地取引:小沢氏側へ資金「ゼネコンが補てん約束」
岡田外相:イラン追加制裁同調へ 米仏を中心に論議強まる
陸山会土地購入:強制捜査に発展 世論読めず民主戦々恐々
谷垣総裁:「物言えば唇寒し」民主党を皮肉る

<強盗>コンビニ売上金650万円奪われる 愛知・蒲郡(毎日新聞)
<所得税法違反容疑>セントラル総研社長ら逮捕 さいたま(毎日新聞)
公用パスポート悪用か 警視庁が捜査員派遣 偽装日系比人の密入国事件(産経新聞)
石川議員逮捕 「大きな闇解明を」“敵失”に勢いづく野党(産経新聞)
「学校耐震化優先すべき」神戸市長、予算削減に苦言(産経新聞)

「警官で試みた探偵小説」=直木賞の佐々木譲さん(時事通信)

 デビューから31年目に直木賞を受賞した佐々木譲さんは14日、「まだ実感が薄いけれど、今、緊張していることに気付きました。すごいことなんですね」と穏やかな様子で喜びを語った。
 北海道在住で、道内を舞台に書き続けてきた。受賞作は休職中の警官が道内各地を巡って事件の解明にかかわる連作集。「私立探偵小説が日本で無理なく展開できそうだと思って設定を決めた。個性ある道内の地方都市の問題も書けるし」と振り返る。
 北海道警などを素材にした小説が人気だが、「組織の中に生きる個人がテーマで、警察というより地方公務員小説という意識」。まだ書き残したことは多いとして、この分野に力を注ぐ。警察からの情報収集は大変ですかと聞かれ、「内部情報提供者はいないことにしています」と笑った。 

【関連ニュース
県立病院職員、自殺は労災=「ストレスで症状悪化」
負傷男性は自殺未遂か=新宿駅地下街
岩手県警幹部を逮捕=生安部ナンバー2兼地域課長
希少チョウ採集ツアー開催=比から40匹、容疑で無職男逮捕
ガードレールに車激突、2児死亡=岡山

マイレージは保護、優待券も有効=ツアーは通常通り−日航更生法申請(時事通信)
名護市長選 新人、現職の争いに 普天間争点、与野党対決(毎日新聞)
【健康】体幹 鍛えて生活向上 姿勢や呼吸・発声に好影響(産経新聞)
渡部氏「小沢氏は地検に行くべきだ」(産経新聞)
滋賀県幹部を収賄容疑で逮捕=部次長級、業者から850万円−県警(時事通信)

<なべ漁場>岩手側で合意 青森の漁業者と新たなすみ分け案(毎日新聞)

 青森岩手両県境沖にあるタラの好漁場「なべ漁場」を巡り、岩手県の漁師11人が青森県に命じられた底はえ縄漁の中止命令取り消しを求めた訴訟で、両県は20日、なべ漁場を岩手側のものとし、操業区域をすみ分ける新たな案に漁業関係者が合意したと発表した。岩手側の原告は訴えを取り下げた。

 訴訟で岩手側は、双方の操業区域の境界は青森側の主張する境界よりも北にあり、なべ漁場は岩手側にあるとして、操業の正当性を主張していた。

 合意では、岩手側主張の境界より北で岩手側が操業することや、南で青森側が操業することをそれぞれ禁止。なべ漁場を岩手側に譲る代わりに、青森側では従来禁止されていた底はえ縄の操業が条件付きで一部の漁業者に認められた。

 合意は、漁業者間での話し合い解決が望ましいとする青森地裁の勧告を受け、水産庁が仲介して実現した。【三股智子】

【関連ニュース
フェリー座礁:2漁協 船体撤去と漁業補償案受け入れる
雑記帳:銚子漁港で初水揚げ ビンチョウマグロ1500匹
ウマヅラハギ:福井沖で大漁 エチゼンクラゲの副産物
ホッキ貝:冬季漁が本格化 北海道の苫小牧漁港で
ネット利用:漁の様子を生中継、販売も…岩手県大船渡市で

副大臣ら15人増の方針決定=首相補佐官倍増、議員数88人に−政府(時事通信)
法に触れたつもりない=小沢氏(時事通信)
羽田管制トラブル、プログラムミスが引き金か(読売新聞)
<岐阜ヘリ墜落>知事が事故当夜に宴席 女性幹部との懇親会(毎日新聞)
鳩山首相 「青年の船事業」参加者と面会 「友愛」を強調(毎日新聞)
前の10件 | -
-|2010年01月 |2010年02月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。