So-net無料ブログ作成

国交省、道路運送車両の保安基準細目告示を改正(レスポンス)

国土交通省は19日、国連型式認定相互承認協定に基づく「ドアラッチ及び扉保持構成部品に係る協定規則(第11号)」などの規則が改正されたことに伴い、道路運送車両の保安基準細目告示を改正し、22日から施行すると発表した。

改正された協定規則は、ドアラッチ及び扉保持構成部品のほか、乗用車用空気入りタイヤ(第30号)、かじ取り装置(第12号)、乗用車の制動装置(第13-H号)。

制動装置については、ブレーキアシストシステム(BAS)の性能要件と試験方法を新たに規定し、規定を満たすことを義務付ける。新型車については2011年11月1日以降に新たに型式指定を受ける自動車に適用し、継続生産車は2013年11月1日以降に製作される自動車に適用する。

その他の規則についてはいずれも施行日から適用する。

《レスポンス 編集部》

【関連記事】
国交省、ブレーキ優先システムの基準化を検討…米国の暴走事故契機に
【OSAKA ゆめライド】第二京阪を自転車で疾走! 前例のない高速道路上サイクルイベント
TOYO TIRESターンパイクでタイヤ安全点検 4月4日
国土交通省 特別編集

衆院外務委員会参考人質疑(鈴木宗男委員長の総括質疑)(産経新聞)
<仙谷国家戦略相>日本免許ない外国人医師受け入れに前向き(毎日新聞)
JR京葉線、強風で始発から運転見合わせ(読売新聞)
宇佐神宮世襲家、宮司任命巡り神社本庁と対立(読売新聞)
理学療法士4人の行政処分を公表―厚労省(医療介護CBニュース)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。